メイン

けちゅめの旅行記

2009年5月24日

最終話...『けちゅめの豚足は食べないと帰れない』の巻

台湾滞在最後の夜、どうしても行かなければいけない店がある

牛肉麺よりも、スイーツよりも、どうしても食べなくてはならない物…

ホテルからタクシーに乗ること10分…店の前まで車が入れないので近くで降ろしてもらう。

街の中をグングン歩く

machi00.JPG

グングン歩く

machi01.JPG

着いた!

tonsoku00.JPG

富覇王

ガイドブックでお馴染みの(こればっかだな…)豚足煮込みで有名な店。
前回来た時に、あまりの美味さに日本に帰ってからも味が忘れられなくて、次も来たら絶対行こうと話してた店だ。

ここは店の入口でまず何を食べるか注文する形式、ただ日本人は先に日本語できる店員が空いてる席まで案内してくれてからメニューの内容を説明してくれるから初めてでも結構安心。
注文が決まったら注文表を持って入口の受付で料金を先払いする。
そしてここのいいところは、注文してからあっという間に物が出てくるのだ、早い!
メニューによるかもだけど…。

今回も前回同様豚モモ肉の煮込み、青菜炒め、魯肉飯を注文

tonsoku01.JPG

美味い!美味すぎる!甘辛く煮てある豚足がすごくやわらかくて、ご飯が進む進む。
そしてまたもやコラーゲンたっぷりだよ、お肌プリプリだよーっ
青菜炒めもシャキシャキで美味しいんだよー、魯肉飯なんてどんぶりで持ってこーいって感じ!

地元の人達と相席だったけど、かっこよかったのが女性一人で豚足一皿とビール注文してサクサク食べてさっさと帰っちゃったのがとても印象的だった、地元っぽーい!
台湾の人は見たところ、ご飯食べ終わったらさっさと帰るってのが普通みたい、日本の人みたいに食べ終わって一息つくってことをあまりしない、だから並んでも結構すぐ入れるのだ。

ひとしきり肉を堪能したので、食べ終わったらすぐ店を出た。
ここは店先で弁当も売っている、弁当のほうもいつも人気だ。
前回の帰りも思ったのが、次は弁当を買ってみようと思うんだけど、やっぱり店で食べちゃうなー。

まだ少し早い時間だったので、こってりご飯も食べたことだしデザートっぽい物を探しながら近くの駅まで散歩しながら帰ることにした。

machi02.JPG machi03.JPG

夕暮れの台北はバイクの量と車の右側通行を除けば、東京とたいした変わりはない…。
ブランドショップや大きな銀行、デパートに100円ショップ…100円ショップ?

machi04.JPG

うおっダイソーがあるよっっ100円ショップではなく39元ショップだ!
しかも大盛況だ…本当台北には日本の店がいっぱいあるよな…たまにここが外国なの忘れちゃうもん

地下鉄の中山駅まで歩いて、帰りは1駅だから中山駅の地下街を抜けて台北駅に行くことにした。
途中道を間違えて逆方向に進んじゃったけどそこでおもしろい本を発見!

manga.JPG

日本でもよく見る漫画の描き方の本だ、台湾の本屋に行くと日本の漫画が大量にある…
あまりに多いので日本の漫画なのか台湾の漫画なのか探すのに苦労するので、こういうヌルイ感じの物はとても惹かれてしまうのだ。
「キターッ」と写真を撮りまくるぉしゃる、見た目変な観光客だ…

台湾の手芸の本を一冊購入して、とりあえずここはおしまい。

さすがにいっぱい歩いたので咽喉が渇いた、前日の夜台北駅の地下街で飲んだ愛玉がとても美味かったので、それを探して徘徊するも見当たらず、仕方ないのでいつものドリンク屋に行く。
そのままホテルに戻る途中に愛玉売ってるドリンク屋を発見、そこでも購入する。

drink.JPG

愛玉は蛙マークのお店のが一番美味いなーというのが2人の感想…

今回の旅行で一番買ったのが、ドリンクの他はこれ

omiyage.JPG

オープンちゃんグッズ、これは台湾のセブンイレブンのキャラクターらしいのだが、去年きた時からこのキャラクターにはまってしまったので今回は色々買おうと決意するも、セブンイレブンによって売ってるグッズが全然違う、一度買い損なうと違うセブンイレブンでは売ってないって…さすが台湾って感じだ。
本当はオープンちゃんではなく、仲間のハムスターっぽいキャラがいいんだけどねー。

次の日の朝、朝食をすませてすぐチェックアウト。
ガイドの人が迎えに来てくれてたので免税店寄って空港へ、日本に着くまでとりあえずマスクしてみる。
今回の旅は買い物はあんまりしなかったけど、新幹線乗ったりと色々イベントがあって楽しかった。
次は在来線に乗って途中の有名駅弁食べてやるっと心に誓ってみる。

oshimai.JPG

けちゅめのさんもなんだか寂しそうだ…次の出番はいつかなぁ。

ちなみに私達が帰ってきたその日の夜に桃園空港でアメリカから帰国した台湾の人から新型インフルさんが見つかったニュースを聞いて、セーフだねと言ってたら…
関西方面でえらいことになってたとさ。

2009年5月23日

第8話...『けちゅめのと牛肉麺とマンゴーと』の巻

光華商場に行った帰り、お昼ご飯を食べに行くことに…

前回来たときから絶対また行こうと決めてたお店、ガイドブックでもお馴染みの

林東芳牛肉麺

gyuniku00.JPG

初めてここで食べた時の感動ったらなかったなー、あっさりスープで麺シコシコ、厚めの牛肉もやわらかくてすげー美味かった!

ここはオーナーさんが日本人なので、ビギナーの方でも安心してこれるお店。
とても気さくで話しやすいオーナーさんなのだ。

gyuniku01.JPG

オーナーさんに勧められ、今回食べたのは半筋半牛肉麺、これまた美味い!筋の部分のコラーゲンがすっげーすげー、お肌プリプリになっちゃう(願望)♪
後はさらにお勧めされた花干(厚揚げの煮物)と小鉢を2つ、小鉢はセルフサービスで店内にある物をとってきてよい、小鉢の酢の物がすごく美味しかった、さっぱりしてて良い。


お腹も満腹になったけど、まだまだ行くのだ!次はデザートだっっ

…でも何食べるかなにも考えてない、有名な「冰館」は去年来て食べたし今年違うとこに行ってみようとガイドブックをパラパラしてみる、一番食べたかった雪片はタイミングあわなくて食べられなかったので考えてると、ぉしゃるがフルーツたっぷし入ってるの食べたいと言い出したので、忠孝敦化駅から近い場所にある「百菓園」に行くことにした。

sweets00.JPG

大通りから一本小さい道に入ったとこにあるので、ちょっと見落としそうになったけどなんとか発見!
早速中へ、その日も暑かったからお店の中の涼しさが嬉しいー♪
ここでも日本人とわかると日本語のメニューを出してくれた、さすが観光客相手にしてるだけあるなー
ここで悩んでいると、後から入ってきた小さい女の子がマンゴーカキ氷を先に注文、ほほう地元の人も頼むんだからきっと美味いに違いないと思い私はマンゴーカキ氷を選択、ぉしゃるはヨーグルトがけフルーツサラダを選択。

席についてまっている間に店内を物色、フルーツ専門店なだけあって色々なフルーツがたくさんあるがどうみてもリンゴだけは見覚えある物…やっぱり日本産だー、しかも長野産とか書いてあるし…
GW後に行ったからか観光客も少なく、お店も適度に空いててすぐ座れてよかった。

そしてやっぱり驚いたのが一皿の大きさだった…先に注文した女の子のところに運ばれてくるアイスを見てやっぱり台湾だと思った、でっかい。

sweets01.JPG

2人で1つでもよかったかねなんて話してるうちに注文したものがテーブルに、やはりデカイ…
しかし、嬉しいのがやっぱりこれでもかってくらいフルーツたっぷし♪
けちゅめのさんもご満悦。

とりあえず覚悟を決めてまず一口…………うっ美味い!アイスがすげーマンゴー味「冰館」より美味しいかも♪
ほくほくしているとぉしゃるが注文したフルーツサラダに入ってるシリアルに大苦戦していた、うまいんだけどシリアルがいやーっと、仕方ないので手伝って先にシリアルを片付ける。
なんだかんだ言って、結局2人して一皿ペロリだった、幸せだー。

sweets02.JPG

けちゅめのさんも満腹でひっくり返ったとさ、ご馳走さま♪

2009年5月22日

第7話...『けちゅめの電脳街で物色する』の巻

台湾来たら、必ず行く場所と言ったらここ

map.JPG

光華商場

去年まではビルを作っている最中だったのでプレハブの建物にお店が入ってる感じだったけど、すっかり出来上がり新しい名前は

光華敷位新天地


kouka.JPG


ここは台湾の秋葉原…というけど家電とかではなくパソコン関係とかゲームとかDVDとか秋葉原でももっと濃い部分って感じだ。
1階は大手メーカーのショールームやフードコートがある。

今回ここに来た理由に、台湾正規版の「未来少年コナン」のDVDを探しに来たのだ。
ぉしゃるとどうしても見たくなって、日本で探したら記念BOXで安くても1万3千円もするのだ…
折角台湾に行くことだし、とりあえずあるか見てこようと思い探しに去年もきた日本語OKなお店に行ってみることに…

俊逸

dvd.JPG

ここは日本語堪能なお兄ちゃんがいる、前に来た時頼まれ物のDVDの事を聞いたら、どんな商品かときいてくるわけでもなく、ポンポンと返事が返ってくる…すごいのだ♪
お店を見つけ、様子を伺うといるいるあのお兄ちゃんがまだいてくれた♪

早速お店の中に、ラインナップは相変わらず豊富で日本の最新ラインナップより少し遅れた感じだ。
色々探していると

konan.JPG

ありましたー!しかも値段はなんと500元!日本円に直すと1500円!ええーっなんでこんなに安いわけー?
気になったので、例のお兄ちゃんに聞いてみることに…
すると、記念BOX発売で大量に作ったから、メーカー側が在庫をさっさとハケさせたいからなんだとか、相変わらず上手な日本語で丁寧に教えてくれた、ついでに「マクロスプラス」のDVDはあるか聞いてみると「マクロスシリーズは人気があるんだけど版権問題で台湾版はないんですよ、海賊版がある頃は出回ってたんですけど今の台湾は規制が厳しいのでないですね」とどうしてそこまで詳しいの?
人気のあるものは、メーカーに問い合わせて事情をきいてるんだって、すごいなー。
去年もきてここで買って、お兄ちゃんにお世話になったんだよと言ったらとっても喜んでくれて名刺もくれた、何かわからないことがあったら遠慮なく連絡してくれと…やっぱりこのおにいちゃん好きだわ。
見た目はまんまA-BOY(死語?)なんだけどねー。オタクな人は好きなので問題なしっ

その後ビルの中を物色、台湾版のアニメ雑誌とかお土産に探してたけど普通に日本のやつしか売ってなかった…しかも最新号だよ…ちょっと寂しい。

あっでもこんなかわいい物を発見!

neko.JPG

いいねーかわいいねー♪日本でも売ってるのかな?

ちなみに去年まであったプレハブの建物は今では駐車場になっちゃったとさ。

atochi.JPG

第6話...『けちゅめの夜市で葱餅に巻かれる』の巻

台中に行った帰り夕飯を夜市で食べようと決定、早速地下鉄へ

mrt.JPG

台湾の夜市っていったらやっばりここ
※写真は士林駅で撮ったけど、夜市いくなら士林駅より剣潭駅で降りるといい。

yoichi00.JPG

士林夜市

台湾にくる観光客ならお馴染みすぎてわざわざ説明しなくてもいいだろう。

前回台湾に来たとき、知り合いに食中毒が怖いので屋台では絶対食べるなと言われ、ここの美食広場で食べることを躊躇したのをかなり後悔していたので、今回は絶対食べよう、お腹壊してもいいと覚悟して出陣。

yoichi01.JPG

金曜日の夜だから混んでそうだなと思ったけど、時間が少し早かったおかげか前回来たときよりかなり人が少ない!
早速雑誌やネットで話題の巨大フライドチキンを買いに行くことに

yoichi02.JPG

夜市が始まるのがだいたい午後5時くらいから、台湾の人々は時間におおらかなので時間どうりに開店ってのがなかなかないんだけど、この店は5時すぎくらいからもう並びがでてた。
それでも情報よりは少ない並び、早速並ぶ。
日本人とわかると身振り手振りで愛想よく対応してくれた、台湾の人ってみんなそんな感じだと言うと、ぉしゃるに「自分だって日本で海外の人が何か聞いてきたら愛想よくしちゃうだろ?」と言われなんだか納得、そういえばそうかも…。

yoichi03.JPG

大きさを伝えたくてけちゅめのさんを隣にしてみたけど、けちゅめのが思ったよりでかかった為比較にならず…
早速一口…あっいがいとあっさりしてて美味い!味はモスチキンに似てる!
大きいけどこれならペロリできるかも…しかし折角の屋台、少なく色々食べるのだ!

yoichi04.JPG yoichi05.JPG

パパイヤミルクを飲み、ワンタンを食べ、さらに念願の物に並びに行く。

yoichi06.JPG

葱餅!

一度は食べて見たかったので、買いに行くと焼くのに少し時間がかかるから待ってろっぽく言われたので待ってることに…でも鉄板の上には15個以上が焼きあがりそう…まだ焼けないからかな?と思ってたらあらビックリ、前に並んでた二人が全部いっぺんに買っていってしまった…
すごいなーと思ってまた新しいのが焼けるのを待っていたら、気がつけば後ろに長打の列…「でもこのお店、人気店の紹介とかされてないんだけどなぁ」なんて思って考えていると、どうやら日本人と一緒で並びがでているととりあえず並ぶらしい、なんか楽しい!

他に、牡蠣入りオムレツや鮮肉包を購入する、ワンタン以外はお持ち帰りにしてホテルで食べることにした。

人が混まないうちにお土産を探しに、服飾系の多い通りへ移動

yoichi07.JPG

前に来た時はあまりの人で動けないくらいだったけど、今回はとってもスムーズ!勝った!
印象は原宿の竹下通りだね。

yoichi08.JPG yoichi09.JPG

目ぼしいものが見つからなかったので、そのまま士林駅まで歩いて移動、ホテルに帰ってご飯を食べることに、葱餅を食べてビックリ、うおっ本当に葱しか入ってない、しかもまるまる葱を丸くして衣つけた感じだった…でもゴマ油効いてて美味しいや!

ぉしゃるは期待してたオムレツがイマイチだったので少しがっくりしてたとさ。

2009年5月21日

第5話...『けちゅめの玉市でおじちゃんと勝負する』の巻

台中駅に到着!

taichyu00.JPG

さすがに新幹線の駅、新しい!キレイ!広い!そして台中市街に遠い!
ガイドブックに載っていた台中駅は在来線のものだった…

taicyu01.JPG

在来線の駅から玉市まででもかなり距離がある為さらに距離がある新幹線の駅、タクシーをひろうことにして駅の外に出るが、タクシーが1台も停まっていない…なんで?と考えながら歩いているとえらいにこやかな中国語でまくし立てるおばちゃんに遭遇、持っていたMAPを見せるとOK!OK!と軽いノリ、かなり怪しんだがとりあえずついて行ってみた、駐車場の一角に連れて行かれここで待てと言われた(言葉わかんないけど手振りがそう言ってた)ぼったくられたら困るので、「旅の指差し会話帳」で「いくらですか?」を探しているうちにおばちゃんが車で到着…タクシーだよ…。

2人して一安心しておばちゃんのタクシーに乗り込む、駐車場料金とられるかな?と思ったけどそんなこともなく、駐車場出てから料金もスタート。
親切なおばちゃんだった…疑った自分達がちょっと恥ずかしくなった…、根本的に台湾の人は良い人が多い、だからまた来る気になったんだけどね…。

そんなこんなで玉市に到着、おばちゃんが停まる場所を間違えちゃった時はすごく謝られた、いえ、こっちこそ疑っちゃったし、ごめんね…
帰りもよかったら呼んでくれと名刺をいただくが、電話してもどこにいるから来てと中国語で言えないのであきらめる…

tamaichi00.JPG

玉市の正式名称は「台中文心玉市」天然石や中国飾り、骨董やら売っている小さい市。
台北にも似たような市がある、前回来た時は台北のほうに行ったので今回はこっちの市に来てみた。
小さい露天が敷地内にいっぱい並んでいる感じ、奥には軽食コーナーもある。
天然石は似たような物しかなかったけど、骨董品がおもしろいものが多く、変わった剣やら斧やらがあった。
下の写真は2人して大爆笑した物…いやーいいセンスだ!

tamaichi01.JPG

結局目ぼしい物が見当たらず私は買い物終了、途中ぉしゃるが独鈷杵みたいな物が欲しいというので物色、小さいサイズのいい感じの物を発見!
手にとって見ていると、店のおじちゃんが近づいてきて1本500元だと言うのでそれは高いからいらないと言ったら「じゃあいくら出す?」と電卓を持ってきた。
さぁって交渉開始だっっと張り切って交渉するが結局370元で購入、ちょっと高かったかな?と思ったけどぉしゃる曰く、最後のほうおじさんあきれてたよね…だって、そうかな?

玉市以外に予定もなかったので涼みに新光三越に行くことにした、新幹線で1時間の距離なのに台北と比べて台中の暑いこと…街が発展途上ってこともあってかなりの埃っぽさだし、ちょっと空気のいいとこに非難したくなった。

mitsukoshi.JPG

別にブランド物とか見たくはないので地下のフードコートへ、こっちならではのデザートやら果物やらを物色する。
んで、結局ミルクのジェラートを食べた。

ice.JPG

帰りは三越前でタクシーをひろい台中駅へ…着いてみるとなんてことはないタクシー乗り場は改札階の下の階にあったとさ、いっぱい停まってるよー。
駅のセブンイレブンで台湾風海苔巻きを購入して食べる、なかなか美味い♪
また新幹線に乗って台北へ。

第4話...『けちゅめの夢の超特急に乗る』の巻

今回の旅のメインの1つとして台湾の新幹線に乗り、台中の玉市に行くというものがあった。
三泊四日の中でいつ行くか考えたところ玉市は金曜から日曜の三日間だけやっているみたいなので、「じゃ明日の金曜日に行こう」ということになり、夕飯の帰りに新幹線のチケットを購入することになった。

shinkan00.JPG

台北駅の新幹線チケット売り場は当日券の並びはすごく混んでいるが、予約チケットのほうは平日の夜のせいかガラガラだった。
当日券も予約券も自動券売機があるけれど、駅員さんが販売してくれる窓口のが混んでいた。
私達は少し悩みながらも自動券売機を選択、券売機は中国語、英語の二種類で案内してくれる。
とりあえず英語を選択してなんとか解読しながら台北から台中までの往復チケットを購入することができた、途中わからない単語とか出てきたけどとりあえず無視してみた...

shinkan01.JPG

自由席もあるんだけどとりあえず指定席を購入、なんか割引されてたのは往復チケットだからなのかな?とか考えながらもまっいいかと納得、二人で往復だいたい6500円くらいだったかな?よく覚えていないや。


当日は朝食を終えたら少し早めにホテルを出発!
今日の旅のもう1つのお楽しみ「駅弁」を買いに行く。

obinto00.JPG

台北駅の中に昔の駅舎をモチーフにしたようなお弁当屋さんを発見、隣は鉄道グッズのお店になっていた。
鉄道グッズのお店の内容は、日本のお土産屋さんで売っているような物が多く変な親近感がわく...

鉄道グッズは買わないで、とりあえずお弁当屋にいってみると1種類のお弁当しか売っていない、雑誌やネットで見た缶の入れ物に入っている新幹線開通記念のお弁当ではないのだ...
他の売店も探したけれど、どの売店もその1種類しかお弁当は売っていなかったのであきらめてそれを購入...ちょっと残念...

obinto01.JPG

お弁当も買ったしワクワクしながら新幹線の乗り場へ、指定席と自由席では入る改札の位置が違う、グリーン車の区間は通り抜けすら出来ないっていう徹底ぶり、プライベートを尊重とかって話だったかな?
日本もそうすれば、芸能人とかちょっかいかけられなくていいのにとか思ってみる...日本の新幹線がどんなかなんて忘れちゃったけどさもう10年以上乗ってないから...
まぁでも、ホームはつながってるので自由席の人が空いてる指定席座ってるってのは普通みたいだったけど。

新幹線はだいたいが20分に1本くらいのペースで出発している様子、台北の駅が始発ってわけでもないみたい...
ロビーで乗る新幹線の案内がくるのを待っているとだいたい10分前くらいにアナウンスと駅員さんの案内がはじまる、ホームに降りるともう新幹線は到着していた。
急いでホームの先頭に移動、ぉしゃるが興奮しまくりで新幹線の写真を撮る...
昔鉄ちゃんだったらしい...
日本の新しい新幹線よりは顔が好みかな♪なんて考えながら、興奮しているぉしゃるを急かして新幹線に乗り込む。

shinkan02.JPG

乗車した感想は「客席間が広い!」前の人がリクライニングしてもまだまだ余裕たっぷり!
かなりの好感触になんだかけちゅめのさんも楽しそうに見える。

shinkan03.JPG

台中まではだいたい1時間くらい、とりあえず駅弁を食べることに...
中身は、鶏肉の甘辛煮、青菜炒め、煮卵、厚揚げ煮、漬物、買ったときからまだ温かかったのでおいしく食べられたけど、ちょっと鶏肉硬いかな...骨付きだし。

obinto02.JPG

おいしくいただいていると車内販売のお姉さんがやってきた。
本当に日本とたいして変わらないんだなぁと感心してみる...
ぉしゃるがアイスを食べたいと言うので聞いてみようかと言うと、レディボーデンじゃないと嫌だとぬかすので車内販売をスルーすることにした。

2009年5月19日

第3話...『けちゅめの餃子は20個が基本です』の巻

夕飯は行ってみたかった、ガイドブックでもお馴染みの餃子の美味しいらしい「常青餃子館」
モチモチ餃子っていうのを食べてやろうじゃないかと勇んでホテルを出発するも、
しぇーやっちまったーい降りる駅間違えて1個手前で降りちった…
しかし台湾のいいところは通路が碁盤の目のようになっているのでわかりやすい、
夕方だったこともあり町を見学しながら1駅分歩くことに、去年きた時にパンプスはいてきて失敗したから今回はスニーカーだっっガンガン歩けるぜ!

歩くこと15分、目的地到着!


gohan00.JPG


なんか「見た目ガチな店だ」とはぉしゃるの感想、台湾の食事所は観光客向けガイドブックに紹介されててもお洒落っぺー店がまえではなく、庶民的なとこがいい♪

早速店内へ、好きなとこ座っていいみたいだったので、入り口付近の空いている席へ
日本人だとわかるとすぐ日本語のメニューを出してくれた、店内はカウンター席と丸テーブル席と色々あり結構広い、一番奥が厨房になっていた。
日本語堪能な女性従業員の方もいて助かる。
客層としては、町がオフィス街っぽかったので会社帰りのサラリーマンの人やカップルが多かった。
日本人の観光客はいなくて、食べにきてた日本人はこちらで働いている感じの人だった。


gohan01.JPG

では早速とメニューを見てびっくり、「餃子は一皿が20ッ個だよっっ水餃子でも一皿10個だよ」他の料理も食べたかったので、この量にはびっくりした。
焼き餃子をあきらめて水餃子にしようかと迷ったけど、せっかくだからと焼き餃子を注文、他に青菜の炒め物と細切りの肉が入った炒飯も一緒に頼む…「きっと餃子一つが小さいんだよ」なんて言ってたが次の瞬間驚愕した、他のテーブルに運ばれる餃子を見てしまったからだ…「でっでかいっっっ」
なめていたー、台湾の人の胃袋をなめていたよ、カップルの人たちも一皿頼んでるよ、しかも他の物も頼んでるよ!すげーよ!

少し待っていると、青菜炒め、炒飯の順に運ばれてきた。
以外と他のメニューはお皿が小さい、いくら台湾の人がよくご飯食べるっていってもそーだよねー、量多いよねー。
しかも周りをよく見ると食べきれない餃子は包んでくれている!さすが!
安心したところに餃子が登場、ううやはりでかい、この量とでかさは巣鴨の「ファイト餃子」を思い出させるなー」などと考えながら一口、おっ確かに見た目どおりモチモチな厚みのある皮だ。
日本のとは違うけどなかなか美味しい、肉汁もたっぷりだけど胡瓜が入ってるせいかぜんぜんしつこくないし、これならたくさんいけるかもと思ったけどやっぱり残った…お持ち帰りにしてもらってご馳走様。

gohan02.JPG

帰り際、前きた時からお気に入りの「タピオカミルクティー」を求めて台北駅へ

ochya00.JPG

台湾は日本より気温が高いので五月といえども昼は半袖で問題ない、この日も暑かったのでドリンク屋さんはどこも行列になってた。
写真のお店は前回来たときもお気に入りで毎日通ったお店、受付のお姉ちゃんが親切でいいのだ。
二人して「タピオカミルクティー」を小さいサイズで購入、台湾の人で小さいサイズ買ってる人いないんだよねってくらいみんな大きいサイズで買っていく、みんなよく飲むな…。

途中、セブンイレブンによって本日のお夜食とお茶を購入、ぉしゃるはあやしげな乳酸飲料を買った。
台湾はコンビニで物を買うと袋がない場合1元で買わないといけない、学習してたので買い物袋持ってってずいぶん助かった。

ochya01.JPG

第2話...『けちゅめの柿男に会う』の巻

桃園空港に到着するとロビーでお出迎えしてくれたのがガイドの呉さんともう一人…

kakiman.JPG

なんで柿なんだろう…どうして柿なんだろう…
調べたところ無料無線LANの宣伝らしい、観光客には違う意味で人気だったみたい、記念撮影を一緒にしている人がたくさんいたな…
という訳でけちゅめのさんとも「はい、チーズ」

ちなみにこちらの女性が呉さん、日本語がとても上手で何度も日本にきている感じがした。
「パクる」って言葉、日本なれしてなきゃ知らないよね…
u-san.JPG

桃園空港から台北までだいたいバスで1時間くらい、今回のホテルは台北駅すぐにある「コスモスホテル」台湾旅行者にはあまりに有名なホテルみたいなのであえて紹介はかかないけど、最初に泊まったシーザーパークよりはちょっと小さいホテル。

hotel.JPG


ホテルに到着して早速お部屋の物色、印象は「こじんまりしてるけど清潔でかわいい部屋」バスルームも使いやすそうでキレイ、シーザーの時は二人なのに無駄に広いバスルームだったなぁ、トイレからバスタブまでが結構距離があった、ホテルの構造上しょうがないのかな?とは思うけど…
なかなか好印象のコスモスのお部屋だったんだけど、一つだけ腑に落ちないことが

bed.JPG

片方のベッドがなぜかダブルベッド…いや、いいんだけどね。ツインルームとして間違っちゃいないけどさ…ここら辺が中華系の国なのかなぁと思った、日本じゃまず考えられないもんなぁ。
ここで勃発したのがベッド争奪戦!熾烈な戦いの後ダブルベッドをゲット♪

kabu.JPG

時刻もいい感じなので夕飯を食べに外にでることへ、やっぱり台湾はパワフルだなと思ったのがバイクの数、久しぶりにみるとやっぱり圧巻だなぁ

2009年5月18日

第1話...『けちゅめの新型インフルさんに成田は大混乱』の巻

ぉしゃると1年ぶりに台湾に旅行した。
一応ツアーなんだけど、このツアーは行動は全部フリーで、行きと帰りだけ他のツアーメンバーと一緒というお気楽なのが気に入ってる。
現地集合なので受付は自分達で全部済ます、新型インフルエンザの影響か空港スタッフも他の旅行者もマスク着用が目立った、そして平日の午後なのかインフルさんのせいなのか恐ろしいくらい空港がガラガラだった、受付のスムーズなことったら
narita.JPG

移動途中になんだか恐ろしくなる団体にも出会う…
keneki.JPG

今回も、旅行専属けちゅめのを動向していざ出発!なんだかご満悦のけちゅめのさんだったりする。
start.JPG

成田から台湾まではだいたい4時間くらいで時差は1時間、台湾のが1時間遅いからなんだか得した気分になるけど、帰ると1時間進んでるから一勝一敗って感じ…。
映画も見れるというので、見逃した「20世紀少年」の1作目を見ることに、原作読んでたからあまり期待してなかったけどいがいとおもしろいぞ!

乗ってから1時間くらいでもう食事、今回の機内食は和風ハンバーグorシュリンプカレー、ぉしゃるはハンバーグ、私はカレーを選択「お!今までで一番おいしいかも」と二人でご満悦になる、写真は和風ハンバーグ♪
kinai.JPG

補足だけど、JALの柚子ジュースはすんごくうまい♪たまにJRの自販機で売ってるんだけどな


そんなこんなしている間に台湾の桃園空港に到着!しかし本当に乗客の少ない飛行機だった…
快適っちゃ快適なんだけどね…
荷物の受け渡しもスムーズ…寂しい…

nimotsu.JPG

About けちゅめの旅行記

ブログ「Effe」のカテゴリ「けちゅめの旅行記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはおしらせです。

次のカテゴリはけつめど技術部です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。